チェンマイ動物園でのパンダの背景

チェンマイ動物園でのパンダの背景
 
          タイのパンダ研究、展示は2003年から運用を開始しました。2001年の開始によって、チャワリット・ヨンチャイユット大将(当時副首相)は中華人民共和国への公式の旅で、国間の友好関係の象徴として、中国の人民共和国の大統領および総理大臣にパンダを求ました。
 
          その後、在タイ国中国の人民共和国の大使は、中国政府が喜んでタイに1カップルのパンダを提供すると述べて、そして2001年10月22日にタイの政府の内閣は、認め、タイ王国動物園機構に様々なことを調製するために協調するように、割り当てられています。その後、パンダの研究と展示の建設用中央予算から割り当てられた2002年度予算、緊急時や必要性のための現金準備金の39,818,313バーツで、タイでのパンダ研究および展示プロジェクトの下で、会議や行動を取りました。ラーチャブリー県パーヌランシーキャンプのエンジニアの軍人に210日以内に建設するように割り当てました。
 
 
タイ王国動物園機構は、リンピンの誕生日パーティーおよびタイ告別カウントダウンを開催
 
          今ではリンピン子パンダを中国に返すことの1年間のみ残された時間です。来年の2016年5月27日の日付で、リンピン子パンダが4歳になるとき、タイ王国動物園機構は、パンダを供給し、かわいらしくて全国タイ人の人気があるリンピン子パンダが生まれたまで飼育することができたタイ国の成功を記念してイベントを行う意見がありました。努力を証明し、パンダ所有の中国を尊重するだけでなく、リンピンのファンにもリンピンが中国へ戻るまで、愛を示し、さまざまな活動に参加する機会のために、すべての部門がこのイベントに参加するように招待する考えがありました。また、さらに多くの観光喧騒を促しました。タイ王国動物園機構は、2012年5月27日にはリンピン子パンダに3歳の誕生日のお祝いイベントを開始し、2012年6月以来、毎月多様で継続するイベントによってタイ告別カウントダウンを開催します。各月何の活動があるかと毎月開催されるイベントのカレンダーを準備します。これは各月の必要に応じて、大きなイベント、小さなのイベント、短期と長期での活動もあります。我々はすべての利害関係者の協力が必要です。チェンマイ県、チェンマイ県行政組織、およびチェンマイ県の人に共催するように要求します。チェンマイ県内および全国の両方、政府、地方自治体、会社、店舗、ホテル、レストラン、学校、協会、クラブなど、昔のように に参加するすべての利害関係者を招待します。
 
 
「親善大使」
 
          但し、1984年以来、もう親善大使としてパンダの使用なしでしたが、中国が年間US $1,000,000基本給で10年間の貸しにより、他の国にパンダを送信することを提案しています。そして、そのパンダの貸しの際に生まれる子が中国の人民共和国の財産である要件があります。: チュアンチュアン、リンフイの歴史:
 
チュアンチュアン
 
チュアンチュアン(簡体字中国語:创创、ShuangShuang)は中華人民共和国がタイにチェンマイ動物園でタイ - 中国の親善大使として、展示するために貸す雄のパンダの名前です。2003年10月以来、リンフイ雌のパンダと一緒に展示します。「テーワン」というタイの名前、そして、「カムアーイ」というランナーの名前を持っています。
 
チュアンチュアンは、中華民国四川省成都市ウロン区のパンダ保護と研究センターで2000年8月6日に生まれました。シンシンという雄のパンダとパイシュエーという雌のパンダから生まれました。
 
リンフイ(簡体字中国語:林惠、Lin Hui) は中華人民共和国がタイにチェンマイ動物園でタイ - 中国の親善大使として、10年展示するために貸す雌のパンダの名前です。2003年10月12日からチュアンチュアン雄のパンダと一緒に展示します。「テーウィー」というタイの名前、そして、「カムウアン」というランナーの名前を持っています。
 
リンフイは、中華民国四川省成都市ウロン区のパンダ保護と研究センターで2001年9月28日に生まれました。Pan Pan(Studbook number:308)という雄のパンダとTang Tang (Studbook number:446)という雌のパンダから生まれました。